ゼファルリンの飲みすぎはビタミンEの過剰摂取?副作用は

ゼファルリンの飲みすぎはビタミンEの過剰摂取?副作用は

ゼファルリンに含まれるビタミンEの副作用

ビタミンEと言えばアーモンドにも含まれてますが、ゼファルリンにもペニス増大の有効成分としてビタミンEが含れてます。

 

実はこのビタミンEはあまり摂りすぎると副作用を起こすことがあるんですよ。

 

ゼファルリンの副作用

 

とはいえ、これはあくまで摂り過ぎた場合の症状であって、決められた量を飲用するなら問題はありません。

 

ならビタミンEにはどんな効果があるのか?

 

 

ビタミンEの本来の効果と、摂りすぎた際に身体に及ぼす影響をまとめました。

 

 

ゼファルリンに含まれるビタミンEの副作用

 

ビタミンEには毛細血管の血行を良くする働きと、血管の健康を維持してくれる働きがあります。

 

そのおかげでペニス内部の血行も良くなり、血管を健康的に保ってくれくれるんですよ。

 

 

ペニスへ多くの血液を送る事でペニス自体が増大しやすい性質となるので、多くの血液を流す必要があるんですね。

 

 

ビタミンEの他の効果では、肌荒れ予防もしてくれるというのが本来のビタミンEです。

 

 

しかしゼファルリンを過剰に飲用しビタミンEを摂り過ぎた場合には、次のような症状が出るので注意しましょう。

 

 

  • 「腹痛や下痢」
  • 「吐き気」
  • 「筋力低下による疲労」

 

ゼファルリンの副作用

 

 

ビタミンEを過剰に摂り過ぎるとこのような症状が出ます。

 

ゼファルリンの正しい飲用量は1日で合計4錠で、カプセルが2錠と錠剤を2錠を飲用しましょう。

 

 

そしてゼファルリンにはこのビタミンE以外にも、ビタミンB2、ビタミンB6が含まれています。

 

 

 

これらも摂り過ぎると副作用が出る可能性がありますので注意してください。

 

 

ビタミンEとは違う症状で、ビタミンB2、ビタミンB6を摂りすぎると手足にしびれやかゆみが出る事があります。

 

 

 

ビタミンEの吸収率

 

実はビタミンEだけでは吸収率が悪いんですよね。

 

そこでビタミンEの吸収率を上げてくれるのがビタミンCです。

 

 

これはもちろんゼファルリンに含まれているので問題ありません。

 

ですのでわざわざゼファルリン以外でビタミン関係のサプリを併用する必要はないです。

 

他のサプリとの併用は身体に負担をかけるだけなのでやめましょう。

 

 

そもそもゼファルリンを作る際に、製造側は吸収率の良い成分や悪い成分をしっかり把握しています。

 

そのためビタミンEの吸収率を上げるためにビタミンCも含まれているんですよ。

 

 

あのサプリと併用したら相乗効果があるんじゃ・・・

 

 

というのはただの思い込みです・・・

 

ここで間違いなく断言出来る事があります。

 

 

ゼファルリンは箱に記載されている飲用量が正しいし、他のサプリとの併用をしてくださいとは書いてません

 

 

要は正しい飲用量を守り、ゼファルリンだけ飲用していれば身体に負担をかけることはありません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ